日本オラクル社とゴールドパートナー契約を締結

株式会社iソフトは日本オラクル社とOracleCXクラウドのゴールドパートナー契約を締結しました。

OracleCX(カスタマーエクスペリエンス)クラウドは、企業があらゆるチャネルにおける接点、顧客との関わりを通じてカスタマー・エクスペリエンスを向上させ、ロイヤルティを強化し、ブランドの差別化を図り、目覚ましい成果をあげることができるよう支援します。

当社では、以下のクラウドサービスの各種サービスを提供します。

Oracle-Marketing-Cloud(ELOQUA)

見込み客の属性や趣向などのデータを活かし個々の見込み客に最適化したコミュニケーションを提供します。そして既存客及び見込み客の購入検討ステージや属性、行動データそれぞれを把握し、最適なメッセージを最適なタイミングで届けることを可能にするマーケティング・オートメーションのプラットフォームを提供します。

Oracle-Service-Cloud(RightNow)

WEB、メール、携帯電話、チャット、画面共有(Co-Browse)、コミュニティ、ソーシャルメディア(Twitter, Facebookなど)のあらゆるチャネルからの問合せを一元管理し、全ての対応チャネルにおいて、一貫性のある顧客対応を提供します。
また、FAQでの質問等から顧客の声をリアルタイムに把握し、具体的な施策、改善に結びつけることで日々成長するサービスを実現し、顧客からみた情報満足度を日々向上させ、お客様から選ばれる確率を日々向上させます。

Oracle-Sales-Cloud

顧客管理・営業支援業務を支えるクラウド・アプリケーションとして、営業部門のユーザーにも直観的で分かりやすく、簡単かつ迅速に導入することができ、効果的に活用していただけるCRMサービスです。
ハイテク・製造、金融、消費財、通信の4つの業界別テンプレートに加え、予測の精度を向上したアナリティクス機能や販売代理店管理機能を提供することで売上増加と業務効率の向上を同時に支援します。

Oracle-Social-Cloud

ソーシャル・メディアで自社について今、何が話されているのかを効率的に分析します。ノイズを除去するLSA(潜在的意味解析)機能により、関連のあるトピックを集めて情報の精度を向上させることができます。多くのデータ・ソースをサポートしており、更に日本語でのセンチメント分析の機能を提供しています。